以心伝心
数週間前に、愛用していたテーブルを移動しようとしたところ、床にあたる箇所の部品が劣化して外れてしまいました。(2/4個)

購入会社に問い合わせをしたら、製造会社は既に倒産しているが部品は入手できるので、お客様により部品交換をして欲しいということになり、部品を取り寄せました。
でも取り付け方の説明をみると、かなりの力とコツが要りそうで、女二人の我が家では対応不可能。
あ~あ。

でも以前から我が家では、そんなときにお世話になっている助っ人男性陣が数名いてくださいます。
今回の場合は誰にお願いしようかな、引き受けてくれるかな・・なんて思いながら何日かやり過ごしていました。

数日前、いよいよ3個目の部品も外れてしまい、そろそろ連絡なくてはという段に。
その前に、作業がし易いように・急に来られても大丈夫なようにしておかなくちゃね、と周囲を片付けておきました。

そしたらその翌日・・・・・。
なんて間がいいんでしょう。ジャーン 候補者のひとりの男性陣登場です。 ラッキー!

要件を説明したら、快諾してくださり、数日後に解決! 
これって以心伝心? 感謝です。

テーブルが安心して使えるようになりました~。 

Tさん 風邪ひいてたのに来てくれてありがとう。
スポンサーサイト
【2011/07/28 14:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ