6月に惹かれたもの
以前、6月に京都を訪れた際に出会い、心惹かれ未だに印象に残っているものがあります。

それは季節の和菓子と街路樹です。

和菓子は「水無月」という6月限定の京都のもの、街路樹は「八重のくちなし」です。

先日、花屋さんでくちなしを買った際に、ふと6月なんだなぁと、京都のことを思い出しました。

「八重のくちなし」は他の地域でも見かけますが、街路樹として市内のあちこちあるのは珍しく、交差点で信号待ちをするたびに白くふっくらと豊かに咲く花から甘く芳しい香りがしていました。

「水無月」は白の外郎(ういろう)生地に小豆をのせた三角形のお菓子で、6月限定のものです。

私は以前、ガイドブックでこのお菓子の事を知り、旅行で訪れた際に現地で購入し食べてみました。
さっぱりとした甘さでとても美味しかったです。

6月朔日に氷室の氷を口にすると夏痩せしないということで、室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていたとのこと。氷室の氷の形を模して三角形。
また、小豆は悪魔払いの意味を表し、6月30日の夏越の祓いとして禊をすることにも由来しているそうです。

市バス内の広告にも・・6月30日までに・・申請を!という呼びかけと共に水無月のイラストが描かれていたものを見かけ、土地柄の広告にこちらも印象的でした。

もうすぐ6月も終りですね。
今年は6月に京都を訪れることはできそうにないけれど、今ではお取り寄せもできるようです。
「水無月」久々にトライしてみようかな。それとも頑張って作ってみようかな。

皆さんも6月の京都はいかがでしょう、梅雨どきも風情があってお薦めですよ。
「水無月」を食べ、クチナシの香りに酔ってみてください。
今も変わらずにいてくれるといいな。

くちなし 水無月
スポンサーサイト
【2012/06/24 22:48】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ