ハイビスカス
ものすごい暑さの夏ですが、生き生きとした草花に囲まれているとホッとします。

最近、今まではなんとなく眺めていたハイビスカスの花を観察していたら、いろいろと発見がありました。
ハイビスカス1 ハイビスカス2  ハイビスカス3

花芯てこんなおもしろい形だったんですね。
雌蘂が4点になっていてオレンジ色で・・・。雄蕊の色と共に花の中心の濃い色に映えてとてもきれいです。

そして夕方になると、開花した花がパラソルを閉じたようにねじねじとなるのです。
なんだか几帳面な感じがして面白い。
蕾と違うのは、雌蘂は外にのぞく感じになっていることです。

ほとんどが次の日には落花してしまうので短い命です。

地植えの場合、包まれた花芯は結実し、土に埋まって次世代に繋がっていくのでしょうね。

はらはらと散る花もあり、くるくると大事に包まれる花もある。 自然の技に感心です。
スポンサーサイト
【2012/08/18 06:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ