栃木での麻の学び
先の週末、栃木方面に出掛けていました。

目的は麻に関する学びと栃木一の宮にあたる日光二荒山神社と別宮の滝尾神社への参拝です。

写真は初日に訪れた麻畑です。

初夏の日差しの中、行儀よく並んで立ち、風に吹かれている緑葉がとてもきれいです。
今は一番の伸び盛りの時期で週に20センチほど伸びるのだとか・・・。

近くにいた幼子とお母さんたちの姿も相まってキラキラとした生命力を感じました。
こんな景色がいつまでも続いて欲しいと思います。
麻畑

幼子と母 5月のぶどう
日本古来の麻(ヘンプ)は糸から布、紙、実など幅広い用途があり、いろいろと厳しい現状におかれてとても貴重なもの。
もっと広まるように自分なりに関わりをもっていきたいと思います。

翌日は爽やかな御神気の二荒山神社と滝尾神社参拝の後、美味しいワインや麻の実・オイルを用いた料理についても学びました。

美味しく、楽しく、豊かな気持ちで過ごすことができ満足!
麻紙工房で作成したタペストリーの完成も楽しみ・・・。

栃木の神様、豊かな自然とそれを育む地元の皆様に感謝です。
スポンサーサイト
【2014/05/19 23:53】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ