悲しい秋の日
我が家の老猫のダイスケ(大ちゃん)が昨日の朝に旅立ちました。
人間も猫もひとつの節目を迎え、さらに物悲しい秋の日々となりました。

大ちゃんが我が家に来たのは17年前の7月の月食の日、母猫と一緒に迷い込んできたのが始まりです。
人見知りしない、手のひらに載るくらいの子猫で、しっぽが長く白いシャツに縞シマのロンパースを履いたようでとてもカッコ良い子でした。

2年目ぐらいからは疾病管理していることがあり、常に病院通いをしていましたが、長寿猫となるまでに頑張ってくれました。
この1~2年は足腰も弱り、ピークには6㎏をこえていたのも4㎏を切りだんだん弱ってきて、別れの時を意識してはいましたが、まだまだ・・・という思いで過ごしていました。

この数カ月はいろいろと辛く・・・・・・、でもこの時期にこういう形でさよならできたことがベストだったと思うことにしました。

我が家にはもう1匹同じ時期からいるゴンちゃんがいます。
幸いにして若々しく元気ですが、年なりの心配なこともありますし、大ちゃんとの別れはかなりショックなことだと思いますので、上手にケアしていってあげたいと思っています。

今日は動物霊園にてお別れをし、先に天国に旅だった猫ちゃん達に仲間入りのご挨拶をしました。
大ちゃん、今までありがとう。 ゴンちゃんやお母さん お姉ちゃんを見守っていてくださいね。
私たちは日常を、自分の役割を、力強く生きていこう!!

熟睡
暖かでぐっすりの大ちゃん 
かわいいお花いただきました
お花をありがとう

スポンサーサイト
【2016/10/29 00:09】 | マイファミリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ