今年の折り返しに <箱根>
6月30日は夏越しの祓(なごしのはらえ)と言って、半年分の罪・穢れを祓うという日。

神社にある茅の輪(ちのわ)をくぐったり、和紙で作った人形(ひとがた、人の形を模した紙)を身代わりとして神社に納め川に流したりすることで、厄を落とします。

そんな日の前日である29日はちょうど洋裁教室の無い木曜日。
一年の折り返しの日を前に仕切り直ししたい気分もあり、箱根神社に参拝してきました。

我が家では、このところ人形での夏越し・年越しの祓は行っていましたが、この時期の参拝はなかなかできず、茅の輪をくぐったのは久しぶりでした。

雨上がりのしっとりとした空気のなか、午前中にゆっくりと参拝を終え、その後は湖畔や登山電車沿いを散策しながら、今が見ごろの紫陽花を眺めることができました。

ひんやりと曇り空から始まった朝も、参拝後はだんだんと日も射してきて・・・帰路に見つけた素敵なカフェでは、冷たいスイーツを注文してひと息。 そして老舗ホテルのパン屋さんでおいしそうなパンをお土産に。

箱根神社(夏越しの払い前日)

山の神社の御神氣をいただき、今年の後半がより良いものとなるよう歩き出します。
スポンサーサイト
【2017/06/29 23:30】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |