スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
欲張りだけど・・・素敵
12月1日にアーティフシャルを用いたアレンジメントのレッスンを開催しました。

今回は、ベースとなるアレンジがひとつとブローチが2個で構成されている作品で、クリスマスからお正月まで使えるというもの。
また、ベースに使っていない方のブローチは洋服に付けて使えるうと言う・・・なんとも欲張りな作品です。

カラーの縄を好きな形に整えて、好きなお花やリボン、クリスマスやお正月をイメージした素材を選んで飾り付けて完成!
2017/12-1
作者それぞれの個性豊かな作品に仕上がりました!
【2017/12/07 22:04】 | つぐみ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋のJAZZライブ
11月11日 秋にJAZZ LIVEを開催しました。 

今回は昔の会社仲間でもあるアルトサックスの彼女とのジョイントライブでした。

ギリギリまで思ったような練習ができず、不安な気持ちのまま当日を迎えて反省点も多かったけど、新しい出会いや思いがけないサプライズもあって、感動的なライブとなりました。

お客様の前で、はじめは緊張しながらも楽しく気持ちよく演奏できることに喜びを感じ、回を重ねるごとにいろいろな気づきと課題を得ています。 

次回のライブでは、また成長したところで皆さんに楽しんでいただけるよう精進したいと思います。

今回お届けした曲(Vocal, Trio ,Sax, Sax&Vocal)
Now The Time /Trio
My One And Only Love /Trio
Blue Moon /Vocal
When I Fall In Love /vocal /Trio
Angel eyes /Vocal
Black Orpheus /Sax & Vocal
Autumn Leaves /Sax
S Wonderful /Sax
Round Midnight /Sax
Body & Soul /Trio
Someone To Watch Over me /Sax
Left Alone /Sax
Moonlight Serenade /Sax & Vocal
【2017/11/19 00:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
懐かしいもの
少し前から気になっていた懐かしいもの。 「細工蒲鉾」

鯛や鶴亀、松竹梅などの縁起物・・・色鮮やかに形作られていてそして美味しかった・・・。

私の小学校ぐらいまでの頃には、おめでたい席の引き出物として出席者にふるまわれていたものですが、いつしかかまぼこからビニール?で成形された物にお砂糖をいれたものに変わり・・・・後に引出物からは姿を消してしまい、最近は富山地方を紹介するテレビなどでしかみることができなくなりました。

10月9日は母の誕生日。 
そこで、Webで検索した富山のかまぼこ屋さんからめでたい「鯛のかまぼこ」を取り寄せてみました~。

たいかま

85才になった母。体力の衰えは否めないものの、おしゃれも仕事も前向きに張り切っています。
先月は老猫の死がありかなり落ち込んでいたとは思うけど、それを振り切るかのように毎日仕事に打ち込んでいた尊敬する母です。

この懐かしい「鯛かまぼこ」のある誕生日で、少し気持ちが盛り上がった我が家でした。
【2017/10/12 21:44】 | マイファミリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いろいろあった9月
なんだか疲れちゃった。 いろいろあって、9月。

でも今は気持ちを切り替えて元気になりました。

9月は前々から変化のときといわれてはいたんだけれど・・・やはりの節目でありました。

歯痛でとうとう抜歯したこと。
8年ぶりに自分の居た音楽環境にタイムスリップしたこと。
交通障害トラブルの影響があったけど、無事帰宅できたこと。
調理中に指を火傷したけど、仕事に影響もなく、すぐに治りそうなこと。
人を不安にする、元気にする言葉・・・コミュニケーションの難しさを感じたこと。 
自分の声がこれでよかったと思える、感謝できるようになったこと。
7月から急に元気がなくなっていた我が家の老猫が亡くなったこと。

痛いこと、辛いこと、悲しいこと、腹の立ったこと、切ないこと、空しいこと。
嬉しかったこと、楽しかったこと、幸せに感じたこと。 悲喜交々・・・。

朝の連続ドラマではっとして印象に残った言葉のひとつ。
自分は「大丈夫だろうか・・・」と不安になっている友人に対して、主人公が言った言葉。 
「大丈夫にするしかないじゃないの!」

そうだ、そうだよね。 不安のままでいても何も解決しない。 前に踏み出していくしかないものね。

その時、時間が経ってみた時、感じ方は変化しているけれど、いろんなことを考えされられ、少し悟った気分の9月の終わりでした。
【2017/10/01 21:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴンちゃん ありがとう
我が家の老猫 ゴンちゃんが9月22日にとうとう旅立ってしまいました。 
我が家にやってきて18年と6ヶ月、人間の年齢としては90歳くらい、
11月には2回目の長寿の表彰の予定でした・・・。
小さい時に首に怪我をしていたのを助けてあげたことから我が家の猫になったゴンちゃん。

初めの1年ぐらいは臆病でいつもびくびくしていたけど・・・とても愛嬌があって控えめで優しくて・・・
我が家の看板猫のようになってダイちゃんと一緒に恩返しをしてくれてありがとう。

昨年の10月に同じ年のダイちゃんが亡くなり、急に甘えん坊になったり、
はしゃいだりしていたことし前半。
7月ころから急に食事が細くなり元気がなくなって、夜間救急にお世話になり、
その後は通院で点滴をしながら体調を維持していましたが、
9月に入ってからは体重もかなり落ちて・・・
まさかお彼岸にお迎え?・・・、ダイちゃんの一周忌までは大丈夫だろう・・・
長寿表彰までは?・・・・お正月は一緒に迎えられないの?・・・
と いろいろと考えました。

大好きだったカツオや魚味のスープにも口を付けなくなった時には
ショックでお別れが近いことを予感しました。

それから数日後の朝、気を利かしてか教室の無い日に お別れとなりました。
最後まで手のかからない子で、息を引き取った後もまるで眠っているかのように安らかでした

ふわふわとして温かくやわらかいあの感触・・・嬉しい時のあのゴロゴロと喉をならす音、
甘えた鳴き声、粋がった時の雄たけび、起こった時の猫パンチ、
サンタクロースのブーツのような曲ったしっぽ、桜色の肉球・・・。
もう会えないね。

ご飯の茶碗、爪とぎ、ブラシ、トイレ、キャリーバック、お気に入りの寝場所や水飲み場・・・
少しずつ片付けているけど、辛くて切なくて悲しいよ。

気にしながら食べていたお魚やお寿司、
気付かれないようにそおっと開けていた缶詰や食べ物のパッケージ・・・。
いなくなってみると、長年、猫も人間もそれなりに気遣いをして暮らしていたのですね。

もう生きているゴンちゃんには会うことはできないけれど、
動物霊園で先に行った猫たちと楽しく過ごしていると思います。
たまにはお母さんとお参りに行くからね。 楽しい日々をありがとう。 ゴンちゃん。

かぶりつき   お花をありがとう

<在りし日の姿・・・本名はダイスケとゴンタなんですぅ。 お花をありがとう>


【2017/09/29 23:34】 | マイファミリー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。