ハーバリウムのレッスンをしました
28日、つぐみのおしゃれ講座として「ハーバリウム」のレッスンを開催しました。

ハーバリウムとはボトルとオイルを使った新しいフラーワーアレンジメントのスタイルで、にわかに話題となってきているものです。
ちょっとおしゃれな標本のよう・・・・・

好みの色の花や貝殻など 組み合わせは無限大。 お好みのリボンを飾って完成!

夏にもぴったりの作品がそろい、記念撮影しました。 何本か置き合わせても素敵です。(私の作品は右端で~す)
ボトルを置く角度でも雰囲気が変わり、ちょっとしたスペースに涼感を演出できそうです。

素敵になりました
【2017/07/30 10:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
少し嬉しかったこと
少し前の事なんですけど、嬉しいことがひとつ。

夏物への洋服の衣替えの際、昨年はきつかったスカートがするっとはけたんですっ。

ウエスト周りが少ししまってサイズダウンしたようです。嬉しいなぁ。
特別ダイエットや筋トレなんかもやっていなかったのにラッキーです。

お直ししないと今年も着られないだろうなと思っていたので、はじめはちょっと信じられない感じでした。 

どうしてだろうと考えたら・・・そうだ昨年の秋ごろから再会した歌(ジャズボーカル)のお陰かも・・・・と。
呼吸や発声、姿勢が大事だし、仲間とのコミュニケーションやお客様からの視線に気を使ったりしてちょっとした緊張も良いようです。

パフォーマンスの向上と共に、更にカッコよく美しくなりたいという気持ち、暑い夏にめげずなんとか維持したいと思います。
【2017/07/17 09:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年の折り返しに <箱根>
6月30日は夏越しの祓(なごしのはらえ)と言って、半年分の罪・穢れを祓うという日。

神社にある茅の輪(ちのわ)をくぐったり、和紙で作った人形(ひとがた、人の形を模した紙)を身代わりとして神社に納め川に流したりすることで、厄を落とします。

そんな日の前日である29日はちょうど洋裁教室の無い木曜日。
一年の折り返しの日を前に仕切り直ししたい気分もあり、箱根神社に参拝してきました。

我が家では、このところ人形での夏越し・年越しの祓は行っていましたが、この時期の参拝はなかなかできず、茅の輪をくぐったのは久しぶりでした。

雨上がりのしっとりとした空気のなか、午前中にゆっくりと参拝を終え、その後は湖畔や登山電車沿いを散策しながら、今が見ごろの紫陽花を眺めることができました。

ひんやりと曇り空から始まった朝も、参拝後はだんだんと日も射してきて・・・帰路に見つけた素敵なカフェでは、冷たいスイーツを注文してひと息。 そして老舗ホテルのパン屋さんでおいしそうなパンをお土産に。

箱根神社(夏越しの払い前日)

山の神社の御神氣をいただき、今年の後半がより良いものとなるよう歩き出します。
【2017/06/29 23:30】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふるさとの新聞に思いを寄せて
このところまた美味しいもののお取り寄せの機会が増えています。

今回は北海道の歯舞(はぼまい)漁協から「早煮昆布」などが届きました~。
これは、以前教室の生徒さんからいただいてその柔らかさと美味しさに惚れ込んで注文しているものです。
我が家では他にも、長年取り寄せているジャムなど、お気に入りのふるさとの味があります。

商品が届き、開梱の際の楽しみの一つに、梱包材として添えられているその地域の新聞紙があります。
地元ならではのイベント、店舗や商品の広告、テレビやラジオ番組の情報、事件や記事があり、思わず読み込んでしまい暫く捨てられないことも・・・。s

北海道新聞
今回は「北海道新聞」でした。 

こちらとは違う地方の紙面の数々を見ながら、昔を懐かしく思い出し、また旅に出たくなりました。
【2017/05/31 23:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冷やし中華始めました
5月1日の今日は初夏のような陽気となり、我が家では昼食を「冷やし中華」にしました。
今年初めてです。

数日前から、買い物に出掛ける際に母から既にリクエストがあり、そろそろレジかごにと思っていました。
そして25℃越えの今日に実現となりました。

千切りにしたハムやしゃきしゃきとした胡瓜に、トマト、母の好きな錦糸卵を多めに盛って、アクセントに酢漬けの生姜や和辛子。
今日は酸味のきいた定番のたれを掛けて完成!!

冷やし中華
さっぱりと爽やかな喉ごしで、初夏の味いただきました~。
【2017/05/01 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ